2017年2月23日(木)
4年生 租税教室

 租税教室では、神田法人会や国税庁の方をゲストティーチャーとしてお招きし、税に関する学習をしました。
 授業の前半は、税に関することを講師の先生から教えていただきました。例えば「日本と他国の消費税の違い」や「所得税や住民税といった様々な税」、「学校や公共施設で使われている税」などといった内容です。次にDVDを見て、もしも社会に税がなかったらどのような街になるのかを考えました。
 後半は、租税教室で学習したことをグループで模造紙にまとめました。
 この租税教室を通して、税の大切さに気付き、公共施設を大切に利用する子供たちに育ってほしいと思います。

〜児童の学習感想〜
 ・税金は国民の生活が豊かで便利になるようにある大切なお金だということが分かりました。今までは消費税くらいしか知らなかったので勉強になりました。
 ・税金は「はらう」ものではなく、「あずける」ものだということを知りました。ぼくは、租税教室がすごく楽しかったです。
 ・租税教室の授業で、税金は広いはん囲で活かされていることが分かりました。税は社会のためにあり、みんなのために使ってほしいと思うし、ぼくもしっかり払わなくてはいけないと分かりました。

2017年2月14日(火)
1年生 交流給食

2月9日(木)こども園のゆり組を招いて交流給食を行いました。司会をはじめとして、様々な役割を責任もって果たすことができ、全体を子どもたちが進行していきました。緊張していた1年生でしたが、「おいしい?」と話しかけたり、片づけ方を教えたりする姿はとても微笑ましく、2年生に向けての自覚を感じることができました。給食の後は歌を歌い、メダルをプレゼントしました。一人一人が丁寧に作った折り紙のメダルには、心をこめて育てたアサガオの種を付けました。「何色の花が咲くか楽しみだね」「毎日水あげるんだよ」など自分たちの経験を基にして話をしている姿も見られました。

2016年11月4日(金)
パラリンピアンと触れ合おう

 11月4日(金)に、アテネパラリンピック男子マラソン金メダリストの高橋勇市選手(三菱商事所属)をお迎えして、全校集会を行いました。
 高橋選手からは、「夢をあきらめない」というテーマでお話を頂きました。
 小学校3年生の時、休み時間に校庭を走り続けたこと。5年生の運動会の徒競走で最下位になり、そこから一念発起して走る練習をし、6年生の運動会では全校で一位になったこと。その後、高校生の時、医者から「二十歳で失明する病気だ」と言われ、悲嘆し続ける日々を送り、自分には生きる価値がないと絶望したこと。30歳の時、パラリンピックの存在を知り、小学生の時に頑張った「走ること」をもう一度頑張ろうと心に決め、努力を続けたことなど、ご自身のこれまでの人生をたくさん語ってくださいました。
 高橋選手のお話を子供たちも真剣に聞き、「夢をあきらめない」ことを心で学んだ時間でした。

2016年11月1日(火)
日光移動教室

10月18日〜20日に、六年生が日光移動教室に行ってきました。一日目は日光東照宮に行きました。堂者引きの方に五重塔の作りのことや、三猿の彫刻の意味などを教えていただきました。
二日目には、奥日光でハイキングをしました。湯ノ湖、戦場ヶ原、華厳の滝などの優雅な自然に触れることができました。千代田区にいてなかなか感じることのできない自然を感じ、その雄大さに圧倒されました。
三日目には伝統工芸である、日光彫り、そして梨狩りを行いました。三日間子供たちは歴史、自然、文化に触れ、充実した活動を行うことができました。

2016年10月31日(月)
オリンピアンと触れ合おう

 10月31日(月)に、リオオリンピック十種競技日本代表の
中村明彦選手をお迎えして、全校集会を行いました。
 まず、中村選手が競技する様子の映像を全校で見ました。競技での活躍を目の当たりにした子供たちからは、「あ、すごい」「わー」と歓声が上がりました。
 また、中村選手から子供たちへ講話もしていただきました。普段の競技生活の様子やご自身が十種競技を目指したきっかけ、また失敗に見えることでも実は失敗ではなく、それを自分自身の糧としてさらに成長していくことの大切さなど、子供たちにとって心に刻まれるお話でした。
 その後、5・6年生は校庭でハードル走の指導をしていただくなど、どの子にとっても充実した時間でした。
 中村選手からたくさんのことを学んだ子供たちの表情は、とても生き生きとしていました。

2016年10月3日(月)
4年 防災学習

 9月17日、学校公開の防災の授業では、赤十字の職員の方をゲストティーチャーとしてお招きし、災害時の身の守り方や身の回りの物を使った応急手当ての方法を考え、学習しました。「もし、地震が起こったらどんなことができますか?」という質問では、「泣いている小さな子をなぐさめる」「高齢者の方を助ける」「けがをしている人の手当てをする」などという意見が出ていました。自分の身を守ることだけでなく、他者のためにできることを考えている児童が多く、感心しました。バンダナを使った応急手当ての方法では、二人一組になり、手当ての仕方を体験しました。

2016年7月18日(月)
6年 能楽体験

 社会科「今も受け継がれる室町文化」の学習で、能楽師大藏流狂言方の大藏彌太郎先生に来ていただきました。
 約650年前から受け継がれている能楽について教わりました。子供たちは狂言「柿山伏」を大藏先生と一緒に発声しました。また、座り方、立ち方、歩き方なども体験することで、能楽の世界に触れ、親しむことができました。

2016年7月15日(金)
3年 理科校外学習〜昆虫体験

7月15日(金)に、理科の校外学習で多摩動物公園に行きました。多摩動物公園では昆虫体験をしました。ナナフシ、カマキリ、コオロギ、ゲンゴロウの触り方を教えてもらい、昆虫とふれあう体験ができました。手の平にのせると、昆虫の習性から上へ上へと昇り、子供たちの体をよじ登っていきます。はじめは、「こわいなあ」と躊躇していた子も、「触ってみたら、かわいい。」「こっちも触ってみたい。」とたのしみながら活動できていました。これから理科の「昆虫を調べよう」の学習で、昆虫のからだのつくりや成長の様子などについてまとめていきます。

2016年6月30日(木)

 6月9日(木)、歯と口の健康習慣の取り組みとして、咀嚼の学習が行われ、歯科衛生専門学校の方々によく噛んで食事をすることの大切さを教えていただきました。
 授業では、ガムによる咀嚼力の測定を行いました。1500mgのガムを60回噛み、噛んで減ったガムの重さを量ります。噛んで減った重さは溶け出したキシリトールの重さということになります。溶け出したキシリトールの重さと60回ガムを噛んだ時間から咀嚼力が算出されるというものです。
 授業の後半では、劇によって噛むことの大切さを学びました。食事のときによく噛むことで運動や学習に良い影響を与えることを知りました。
 今後は給食中もよく噛んで食事をとるように声掛けを行い、歯や口にとってよい習慣が身に付くようにしていきたいです。

2016年5月26日(木)
社会科校外学習 区内めぐり

5月17日(火)に大型バスを貸し切り、社会科見学で区内巡りに行きました。バスの中から秋葉原電気街や神田の町の様子を見学しました。神田明神では、神田明神や神田祭の歴史について多くのお話を伺い、昔から親しみをもつ神社であった理由を学習しました。その後、車窓からスポーツ店街や古書店街の様子を見学し、番町・麹町の様子や官公庁街・丸の内の様子を見学しました。社会科「千代田区のようす」の学習で、土地利用の特色や交通の特色などについてまとめていきます。

2016年5月30日(月)
校内オリエンテーリング

 5月27日(金)は、全校遠足の予定でしたが、雨天のため校内オリエンテーリングを実施しました。
 ファミリー班でチェックポイントを回り、それぞれのチェックポイントの課題をクリアすると、キーワードがもらえます。そのキーワードをすべて集めるとある言葉が出来上がります。それぞれのチェックポイントでは、動物にまつわる歌を歌ったり、動物の絵を描いたりと、班のみんなで協力しながら楽しく過ごすことができたようです。

2016年5月18日(水)
5・6年スポーツテスト

 5月6日(金)に、外濠グラウンドにて5・6年生のスポーツテストが行われました。
 50m走では、天然芝のコースを力いっぱい走ることができました。また、ソフトボール投げでは、近い距離でのボール投げでウォーミングアップをし、その後計測を行いました。広いグラウンドで自分の力を精一杯発揮しようと、どの子も精一杯力を振り絞りました。
 6年生は、6月に小学校陸上記録会があるので、そこでも力を発揮してほしいと思います。

2016年5月17日(火)
離任式

 5月2日(月)に、離任式が行われました。昨年度までお世話になった先生方が全員ご出席くださり、子供たちは久しぶりの再会に心を躍らせていました。
 式では、離任された先生方一人一人に、児童が心を込めて書いた作文や花束が手渡され、そして離任された先生方からも思いのこもったお別れの挨拶をいただきました。
 式の最後に全員で合唱した校歌は、離任された先生方にとっても、子供たちにとっても忘れられない歌声になったと思います。

2016年5月13日(金)
総合防災訓練

 4月27日(水)に総合防災訓練(引き取り訓練)を行いました。今回は大型地震が発生したという想定で、教職員・児童ともに災害時の動きを確認しました。
 その後、保護者の方による児童の引き取りが行われ、引取り達成率は94%でした。

 和泉小学校では今後も児童の防災意識を高める取り組みを行って参ります。

2016年5月2日(月)
6年 1年生のお世話をしています。

 46()に入学してきた1年生が早く学校に慣れるよう、朝、登校した時に始業前の準備を手伝ったり、休み時間は一緒に校庭で楽しく遊んだりしています。1年生に優しく接することで6年生自身も成長しているようです。

2016年4月14日(木)
2年生 専科の授業

 2年生になり、専科の授業が始まりました。ドキドキわくわくしながら音楽室や図工室に行き、楽しく学習に取り組みました。
 専科の授業から帰ってきた子供たちの表情はとても明るく、口々に「楽しかった〜!」「次は何をするんだろう?」と振り返っていました。これからの授業が楽しみになったようです。

2016年4月27日(水)
4年 理科「あたたかくなると」

 4月の理科では「あたたかくなると」という単元で学習を行いました。樹木の観察や栽培した植物(ヘチマとツルレイシ)の観察を通して、植物の成長とあたたかさとの関係を考えます。
 樹木の観察では、一人ずつ「わたしの木」を決めて、1年間、観察を続ける計画を立てました。例えば、サクラやイロハモミジなどです。自分が観察する樹木を決めることによって、進んで観察を続けられると考えております。樹木の種類によって成長のサイクルが違ったり、児童によって観察の視点が違ったりするので、観察して分かったことは学級で伝え合う活動を行います。
 ヘチマとツルレイシの観察では、栽培を始める前に種の観察をしました。特にツルレイシの種を初めて見た児童の反応は大変興味深かったです。「予想と違う!」や「ギザギザしてて、種に見えない!」など、今まで見たことがない種を観察して、新しい発見をしていました。
 種を観察した後、ベランダのプランターに種をまきました。まだ発芽はしていませんが、日直が毎日進んで水やりを行い、クラス全員で観察を行っています。このヘチマとツルレイシはこの後どのように成長していくのか予想を立て、次の季節の学習へとつなげていきます。

2016年4月6日(水)
平成28年度 入学式

 校庭の一本桜が爛漫と咲き誇る中、平成28年度入学式が行われました。
 新1年生52名が、緊張した様子で式に臨んでいました。しかし、担任の呼名に元気よく「はい」と返事をすることができました。また、6年生児童による代表の言葉も堂々と行うことができ、新1年生が目指す姿を示すことができました。
 新1年生には、これから始まる6年間の学校生活を、楽しく充実したものにしてほしいと思います。今後とも、保護者・地域の皆様のご支援をよろしくお願いします。
 

2016年3月2日(水)
2年生 生活科「町たんけん」

生活科の学習で「町たんけん」を行い、学校の周りにあるお店や交番、郵便局、駅など10カ所をグループごとに調べてきました。教員や保護者の方が側にはついていますが、挨拶から質問、写真等子供たちが中心となって行います。小グループで地域を周り、働いている大人に質問をして調べてくるという大冒険に、興奮した面持ちで出発した2年生でした。帰ってきた時は、一仕事を終えた表情でとても満足げな様子でした。
 調べたことはグループごとにまとめ、発表会を開き、みんなに伝えることができました。
 ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!!

2015年10月21日(水)
3年生 国語「しりょうからわかる小学生のこと」

 10月の国語の授業「しりょうから分かる小学生のこと」では、自分がクラスで調べてみたいことについてアンケートを作成し、発表する学習を行いました。子供たちが自分でアンケートを考えて、実際にアンケートを取り、集計し、結果の分析まで行いました。また、自分の発表の悩みをグループで相談し合う活動を通して、話し合いの仕方を学びました。「どうしてこの票が少ないのだと思いますか。」や「発表がすぐに終わってしまうのですが、どんなことを付け加えればいいと思いますか。」など質問をして、友達にアドバイスをもらっていました。発表者の気持ちになってアドバイスをする子供たちの姿に成長を感じました。

2015年10月27日(火)
演劇鑑賞教室

 1027日の演劇鑑賞教室では、学校にお招きした劇団の方々が「アラジンと魔法のランプ」の演劇を披露してくださいました。
 3時間目に体育館に移動すると、体育館の舞台は立派な演劇場へと様変わりしていました。リズミカルな音楽と華やかな衣装を着た出演者のダンスから演劇がスタートし、全校児童が一斉に物語の世界へと引き込まれていました。出演者の熱演だけでなく、照明・効果音の工夫等も加わり、全ての子供たちが目を輝かせていました。また、劇中に出演者が舞台から降りて子供たちの近くに来るシーンもあり大きな盛り上がりを見せました。ラストシーンでは主人公の葛藤やその近くで支える人々の言葉が心に響き、多くの子供が涙を流していました。「自分のことよりも他者のことを考える心」や「約束を守ることの大切さ」など、道徳的にも考えさせられる内容でした。
 和泉小学校は11月に学芸会があるので、この演劇鑑賞教室で学んだことを十分に生かして各学年が演技をし、多くの感動が生まれることと確信しています。

2015年10月1日(木)
3年生 スーパーマーケット見学

 社会科「わたしたちのくらしと商店」では、『よく利用されているスーパーマーケットにはどのようなひみつがあるだろうか』という学習問題をつくって学習しました。
 9月29日(火)の校外学習では、近所のスーパーマーケットに行き、【たくさん売る工夫】【安く売る工夫】【新鮮なものを売る工夫】、この3つの視点で見学を行いました。普段の生活では見ることのできない、お店の裏側にも入らせてもらいました。子供たちは野菜や果物を切ってパック詰めをする部屋や冷凍食品を保管する大きな冷凍室などを興味深く見学していました。また、「なぜ安く売ることができるのですか。」や「商品を並べるときにどのような工夫をしているのですか。」などたくさんの質問をしました。そして、お店の方のお話を聞き、熱心にメモを取っていました。
 スーパーマーケットで働く人の工夫や努力を実際に観察し、商店が自分たちのくらしを支えていることに気付くことができました。

2015年10月16日(金)
2年生 生活科見学 葛西臨海公園

生活科見学で葛西臨海公園へ行ってきました。見学のめあては、友達のよいところを見つけること、お気に入りの魚を見つけることの2つでした。グループごとに決められた時間の中で班行動をする中で、困った時はお互いに声をかけ合い、助け合う姿がたくさん見られました。振り返りのワークシートでは、友達のよいところがたくさん書かれており、学年として成長を感じた1日でした。

2015年8月28日(金)
3年生 ゆり3タイム

 和泉小学校といずみこども園は、3年生と5歳児が交流を行う『ゆり3タイム』という活動をしています。1学期は、3年生が5歳児のために遊びを考えたり、本を選んで読み聞かせをしたりしました。ゆり組の友達が喜ぶことはどんなことなのか、グループで相談して、進んで活動することができました。
 3年生は、この取組を通して、下級生のお手本となれる生活態度を身に付けてほしいです。

2015年5月27日(水)
2年生 国語研究授業「だいじなことをつたえよう うけとめよう」

 5月下旬に、2年生の国語科で第1回目の校内研究授業を行いました。今年度の校内研究は、「文章を書くこと」から「話すこと・聞くこと」へ移行しました。そこで、今回の授業は「だいじなことをつたえよう うけとめよう」をテーマに設定し、「はてなボックス」と名付けた箱の中身について話し手がヒントを出し、聞き手は中身を当てるという活動を取り入れました。ここでポイントとなるのは、ただ「はてなボックス」の中身を当てるというだけでなく、聞き手がメモを取りながら話を聞き、中身を正確にくわしく想像するという点です。「はてなボックス」の中身が「ポケットティッシュ」と「ボックスティッシュ」で違いがあるとすると、その違いが聞き手に伝わるように話さなければなりません。話し手は伝えたい内容をメモにし、メモを見ながら伝え、聞き手はメモを取りながら聞き、中身を想像します。互いのメモが同じであれば正確にくわしく伝わったと評価しました。また、「相手の目を見て話す・聞く。」、「聞いた内容を繰り返して確認を取る。」等の話し方・聞き方も互いに評価し合いました。
 「話すこと・聞くこと」は、コミュニケーションの基本となります。今後も継続できる学習内容となりました。

2015年5月26日(火)
3年生「社会科見学」

 社会科見学で、区内めぐりを行いました。バスの中から町の様子を見たり、実際に歩いたりしながら、千代田区の地形や土地の使われ方について学習しました。秋葉原の電気街や霞が関の官庁街などを見学し、千代田区は場所によって土地の使われ方が異なることを知りました。
 見学先の神田神社では、権禰宜さんから神田神社の歴史や建造物に隠された秘密などを教えてもらいました。午後には、科学技術館に行き、最先端の科学に触れ、科学の面白さを体感しました。
今回の学習を通して、千代田区の様子への興味をより高めてほしいです。

2015年5月19日(火)
5年生 「嬬恋自然体験交流教室」
 春の嬬恋自然体験交流教室では、農業体験をしました。おにぎりの会の方々にやさしく教えていただき、種イモとキャベツの苗を植えました。秋の収穫が楽しみです。
 その他、火山博物館、嬬恋郷土資料館、宿舎での生活を通して、仲間との楽しい思い出がたくさんできました。
2015年4月9日(木)
平成27年度 入学式

 和泉小学校に61名の1年生が入学しました。ランドセルを背負って、入学服に袖を通した1年生は緊張も見られましたが、これからの学校生活に期待を抱いて、わくわくしている様子が印象的でした。
 校長先生の話を静かに聞いたり、担任の先生からの呼名に大きな声で返事をしたりと、大変立派な姿を見せてくれました。

2015年3月3日(火)
1年生 国語「おみせやさんごっこをしよう」

 1年生は、国語科の「おみせやさんごっこをしよう」の学習で、これまでお世話になった2年生をお客さんに招待して、おみせやさんごっこを計画しました。八百屋さん、お魚屋さん、本屋さん、お寿司屋さん、お花屋さんなど、子供たちはお店の店員となり、商品を買ってもらえるような看板やちらしづくりを行いました。商品作りにもとても意欲的に取り組みました。折り紙や色画用紙を使って自分たちでさまざまな工夫をしながら製作することができ、どれも目を引く商品ばかりでした。
いよいよオープンの日。少し緊張気味の店員さんたちでしたが、お客さんの2年生に大きな声で「いらっしゃいませ。」と声をかけていました。自分の作った商品が売れていくことに大きな喜びがあったようです。「全部売り切れたよ。」と誇らしげに伝えにくる子供たちには達成感がありました。

2015年2月26日(木)
6年生を送る会

 2月26日、6年生を送る会が行われました。3年生によるミッキーマウスマーチ合奏の中、入学式の日に6年生に手を引かれて入場してきた1年生が、今回は6年生の手を握って体育館へとエスコートしてくれました。5年生が6年生に対してお世話になった思い出と将来の夢を大きな声と大きくはっきりした口調で一人一人紹介しました。
 全校ゲームでは1年生から6年生がバラバラになって動き回り笑顔と歓声が体育館一杯に飛び交いました。6年生への贈る歌では1年生から5年生が“もうだめだなんてあきらめないで”“きみの心強くなれ”と心を込めて合唱しました。6年生からの演奏は、歌劇「カルメン」の前奏曲でした。力強く高度な演奏で、聴いていた子供たちは6年生ってすごい、とあこがれと羨望のまなざしを送りました。あっという間の時間でした。良い会になりました。

2015年1月22日(木)
展覧会IZUMIワンダフルワールド

 展覧会IZUMIワンダフルワールドを1/22,23,24に開催しました。
体育館一杯、舞台、壁にまで及んだ作品は全てにおいて子供たちのみなぎるパワーが宿る大変見ごたえのあるものばかりでした。
1年生は季節の贈り物をテーマに、1学期に栽培した朝顔のつるを使ってリースを作りました。うちわは朝顔の花で色を染め、淡い色合いに仕上がりました。
2年生はロボットと友達になれたらとシミュレーションをして作品を仕上げました。近い将来ありうるかもしれません。3年生はこども園の子供たちとアクリル絵の具を使い鮮明な色彩を体験しました。
4年生は墨絵に挑戦しました。白と黒のコントラストのみで淡さや遠近感を出し、グラデーションを巧みに使いとても微笑ましい作品に仕上がりました。
5年生の環境ポスターや船の絵は説得力のある力強い作品になりました。
6年生は彫刻と絵の両方を版画と板画で仕上げました。細かい作業に集中力を高めました。
5,6年生の家庭科では生活の中で使える小物をミシンや手縫いで仕上げました。
沢山のお客様に作品の前で長い間立ち止まって観覧していただきました。 

2015年1月8日(木)
5年生 社会科の学習

5年生の社会科の学習では、日本の工業について学びます。「これから日本はどのような工業生産をめざしていけばよいのか」という学習問題を解決するために、中小工場で働く人々の工夫や努力を調べました。今回は千代田区内に本社を構える会社の社長さんに来ていただき、その分野で高いシェアを維持している理由などについてお話を伺いました。
「30年先のことをやっていく」「新しい技術の開発をしていく」「技術を次の世代へ伝えていく」「千代田区に本社をもつ」という4つのことを大切にしながら仕事をしていると教えてくださいました。また、シェア率100%というのは小さな努力をたくさん積み重ねたことの結果。今できる努力をやっています。夢は必ず叶うから、皆さんも頑張ってください。」というメッセージもいただきました。身近なところにこんなに頑張っている方がいることを知り、自分たちも夢の実現に向けて努力していこうと意欲を高めることができた1時間でした。
【児童の感想より】
まず日本の工業の技術がトップレベルなことにおどろきました。しかもその中でもコンサベータのシェア率が100%を保っているので、改めてN社のレベルの高さがわかりました。僕は塾の宿題をするときに、遊びを先にして、結局夜になっていそいでやることがあります。お母さんから「頭に入らないよ」と言われますが、なかなかできません。でも話を聞いて、こつこつと小さな努力を積み重ねていけば、このくせも直ると思ったので、これからはしっかりやろうと思いました。

2014年12月8日(月)
2年生 たからはこびおに

体育の学習で、「たからはこびおに」という鬼遊びを行いました。腰にタグを付けて、守りに取られないようにゴールを目指すゲームです。子供たちはタグを取られないようにフェイントをかけたり、ジグザグに走ったりするなど巧みに体を動かしていました。さらに様々な作戦を自分たちで考え、楽しく学習を進めました。試合の前には、チームで円陣を組むなどチームワークを大切にして取り組むことができました。

2014年12月5日(金)
6年生 道徳特別講座

11月28日(金)の3校時に元麹町小学校の校長先生だった荻原先生に来校していただき道徳の特別講義をしていただきました。
 題名は「銃後の話」といって、ご自身が戦争中に体験された内容でした。
 空襲が激しくなり、学童疎開をしていた時の体験をお話してくださり、子供たちは熱心に聞いていました。
 お話を聞いた後の子供たちの質問にも快く答えてくだり、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 ちょうど社会科で戦争の小単元を行ったのでより一層理解が深まりました。戦争は二度としてはけないことを改めて感じた貴重な時間となりました。
 

2014年11月7日(金)
4年生 社会科・理科校外学習

 11月7日(金)、秋晴れの中、社会科理科校外学習に行ってきました。今回は多摩六都科学館・玉川上水を見学しました。
 多摩六都科学館では、理科の「月や星の動き」で学習した内容について、プラネタリウムを観ました。そのスクリーンの大きさと星の美しさに、子どもたちは圧倒されているようでした。館内見学では、体や地球、自然の科学について体験を通して学ぶことができました。
 玉川上水では、江戸時代に作られた水路が現在も残っていること、桜の木を植えることによって水路の状態を保っていること等を見学を通して学習することができました。

2014年10月31日(金)
音楽会

 10月31日(金)と、11月1日の(土)の2日間にかけて音楽会が開催されました。子供たちは、この日に向けて練習を積んできました。各学年ごとにテーマがあり、これを合唱や合奏で表現しました。
 1年生は「ピッカピッカの一年生!」のテーマで、春夏秋冬の季節の音楽を、元気いっぱい歌いました。
 2年生は「2年生とゆかいな動物たち」のテーマで、きれいな歌声と合奏で、動物たちを紹介しました。
 3年生は「ロックメドレー」のテーマで、さまざまな楽器を用いてロックの曲を作り上げました。
 4年生は「ディズニーメドレー」のテーマで、みんなが楽しめるような楽器の組み合わせや、歌のパートの組み合わせが工夫されていました。
 5年生は「壮大な自然」のテーマで、自然をモチーフにしたオリジナルの合唱曲を聴かせてくれました。
 6年生は「ハーモニー」をテーマに、小学校生活最後の音楽会にふさわしい曲を選択して、心を一つに歌い上げている姿は感動をよぶものでした。
お互いにさまざまな音楽を聴いて、よい刺激を受けました。音楽に親しむことができた2日間になりました。

2014年10月28日(火)
1年生 生活科「あきをさがそう」

1年生は、生活科の「あきをさがそう」の学習で葛西臨海公園へ校外学習にでかけました。公園にはたくさんのどんぐりが落ちていました。「こんなにおおきいのがあったよ。」、「まんまるのどんぐり、みつけたよ。」と話しながら、たくさんのどんぐりを袋いっぱいあつめていました。小さいものや大きいものなど大きさの違うものや、さきのとんがっているものやまるいものなど形の違いにも気付いているようでした。子供たちは、自分の目、鼻、手、そして心で、教室では体験できない秋をたくさん感じられたようです。
 拾い集めたどんぐりやまつぼっくりなどは、図工の学習、「リースづくり」で使用する予定です。

2014年10月16日(木)
3年生 理科見学

 10月10日(金)に、3年生は多摩動物公園へ理科見学に行きました。
 まず、昆虫体験をしました。「昆虫と仲良くする方法」を動物飼育員の方から学んだ後、実際に昆虫に触れてみました。チョウの成虫にエサをあげたり、カマキリを頭に乗せたりするなど、昆虫が少し苦手だった子にとっても楽しい触れ合いの時間でした。
 その後、昆虫生態園に行き、今度はチョウの様々な行動を観察しました。チョウのプロポーズやその断り方、実際に卵を産む様子など、都会ではなかなか見られない行動を観察することができ、充実した学習となりました。

2014年10月15日(水)
4年生 音楽会練習

10月に入り、いよいよ音楽会の体育館練習がスタートしました。3・4年生は連合音楽会にも出演します。今日は3年生と合同で練習に取り組みました。曲目は「はじめまして」「シーラカンスにいこう」の2曲。どちらも合唱です。声のきれいな3・4年生にピッタリな曲です。今日は、「はじめまして」を中心に、初めて3年生と歌いましたが、とてもすてきなハーモニーが体育館を満たしました。仕上がりが、今からとても楽しみです。

2014年10月15日(水)
2年生 ザリガニ交流会

10月14日(火)、2年生が1年生にザリガニのお世話の仕方を教えに行きました。2年生は、事前にザリガニのえさの量や水替えのやり方、ザリガニと仲良くなる方法などを1冊の本にまとめました。そして、その本をもとに1年生にお世話の仕方を教えました。2年生は、1年生に分かるように工夫して説明することができました。ザリガニの学習を通して、1年生に優しく接することができた2年生でした。

2014年9月27日(土)
運動会

 秋の心地よい風と、高く澄み渡る青空のもと、今年度の運動会が行われました。この地でうまれたラジオ体操で体いっぱいに動かすことからスタートしました。各学年の徒競走や競技も全校児童で精一杯応援しました。
 そして、2学年で作られる表現運動。1・2年生は「GUTS」の曲に合わせて野球を表現しました。バットをふる構えは、まるで空彼方までボールがとんでいっているようでした。3・4年生はロックの音楽に合わせてかっこよくポーズをきめていました。自分たちで考えたダンスも楽しそうでした。5・6年生の組体操。100人近い子供たちがピタッと動きを揃えるだけでも圧倒するものがありました。そして、3段タワー、50人ピラミッド…と声は出さなくとも、成功させたいという力強さが伝わってきました。
 今年は赤と白の差がわずか1点という大接戦でした。競技に演技に応援に燃えた1日でした。

2014年9月13日(土)
防災意識を高めました。

9月13日(土)に行われた総合防災訓練に参加しました。3・4校時は神田消防署の方々に来ていただきAEDの扱い方を学びました。子供たちは一人一人丁寧な説明を受けながらAEDの基本的な使い方を知るこができました。。午後は地域と学校と隣接する病院が合同で行う総合防災訓練に参加しました。消火器訓練やトリアージ体験、起震車体験など様々な活動に取り組みました。子供たち一人一人が防災の意識をもって生活していってもらいたいです。

2014年9月5日(金)
みんなで頑張った水泳記録会

9月5日に水泳記録会が行われました。区内の5年生が「自由形」「平泳ぎ」に挑戦しました。代表者は「100mリレー」にも出場しました。この大会に向けて1学期から練習を始め、夏休み期間中も頑張りました。特にスタートの練習には時間をかけました。笛の合図と同時に素早くスタートできることを目標に、5mラインを何秒で通過できるか計って、何度も何度も泳ぎました。
そして迎えた記録会当日。特に立派だったのは応援の態度です。全員が「和泉!和泉!」と大きな声で声を合わせて応援しました。その声に後押しされ、ほとんどの児童が自己ベストを塗り替える、素晴らしい記録を出すことができました。
次の行事は運動会。今回の大会のように、みんなで協力して大成功させる喜びを味わえるよう、努力していきたいです。

2014年7月17日(木)
1年生 国語「ありがとうのてがみ」

1学期中、6年生のお兄さん、お姉さんが、様々な場面で1年生のお世話をしてくれました。4月中は毎朝クラスに来て朝のしたくを手伝ってくれたり、休み時間になると校庭で一緒に遊んでくれたりしました。また、遠足や縦割り班活動のときも一緒に手をつないで歩いてくれました。6年生に感謝の気持ちを伝えられるように、国語の学習を通して、「ありがとうのてがみ」を書きました。1年生は気持ちを込めて6年生に読んで渡すことができました。お手紙を受け取った6年生と、手紙を渡した1年生、どちらも笑顔になれました。

2014年7月15日(火)
3年 総合的な学習の時間

 3年生は、総合的な学習の時間に「ゆり3タイム」の活動をしています。併設のこども園の年長児「ゆり組のゆり」と、「3年生の3」を合わせて、「ゆり3タイム」と名付けています。
 初めての顔合わせの会では、3年生の子どもたちが、本の読み聞かせやクイズや手遊びを行うなど、園児に交流を楽しんでもらえるよう工夫しました。
 その後、園児が大きな画用紙の上に寝て好きなポーズをとり、それを3年生が型取りしました。型取りした画用紙がどんな作品になるかは、今後のお楽しみです。

2014年7月9日(水)
社会を明るくする運動

 “社会を明るくする運動”ミニ集会が体育館で行われました。始めに神田囃子を4、5年の3名の児童が堂々と演奏してくれました。一瞬で神田祭りの雰囲気へと体育館が変わっていきました。
 そして、5、6年生が参加し、下田 太一先生の講演を聞きました。『気がついていますか ケータイが変えた私たちの生活』のテーマで携帯電話がもたらす影響について実例を入れてお話くださいました。使い方を家族で話し合うきっかけになったと思います。
 また、地域の方、保護者の方にむけて、万世橋警察の方から、地域の現状と注意点を伺いました。どのようなことが身近に起きているのか、警察の方から生の声を聞ける貴重な機会となりました。

2014年6月27日(金)
全校児童集会

 毎年、盛り上がる全校児童集会です。今年は『イズミパークアイランド』のネーミングでおこないました。縦割りで作られたファミリー班でそれぞれのクラスをまわっていきます。
 2年から6年までの各学級では、お客さんが楽しんでもらえる遊びを用意して待っています。呼び込みから受付、案内から得点…等々、一人一人に役がついていて、スムーズに流れていくように工夫されていました。体いっぱい動いたり、知恵を使ったりと、笑顔がたくさん見られました。

2014年6月13日(金)
4年生 社会科見学

13日(金)は社会科見学に行ってきました。有明清掃工場では、ごみがどのように処理されているのかを直接見ることができ、これからの生活にどう活かしていくかと考えさせられました。また、虹の下水道館では、下水の仕組みや整備の仕方など実際に実験も行い、学習することができました。

2014年6月28日(土)
6年生 一斉清掃

19日(木)に一斉清掃を行いました。
6年生は和泉小学校前の佐久間学校通りの清掃を行いました。
いつも通っている通学路です。街路樹の中も確認して清掃を行いました。
20分程度でしたが、ごみを回収することができました。
自分たちが使っている道路です。これからも美化に努めながら使っていきたいです。

2014年6月11日(水)
二年生 学校探検

1年生と学校探検をしました。まだ1年生の知らないプールやパソコンルームなどを案内し、どのようなことをするのか教えました。
2年生は1年生と手をつないで、優しく「中の様子を見ていいよ」や「次の場所に行こう」など、声をかけていました。2年生としてお兄さん・お姉さんらしさが見られた学校探検でした。

2014年5月30日(金)
全校遠足

 真夏のような太陽が照る中、和泉小学校全児童で上野動物園に行きました。1年〜6年までの友達が混ざっているファミリー班でオリエンテーリングをしました。 地図を片手にしながら1年生と手をつなぐ6年生。「疲れた?水飲む?」など、優しい言葉をたくさんかけていました。 そして、可愛い動物たちに子供たちも身を乗り出して見つめていました。特にこの日はすいていて、パンダもゆっくりじっくり見ることができました。

2014年5月30日(金)

14日に鎌原地区の農地で農業体験を行いました。「キャベツの苗が、食べているものと比べて10倍くらい違っていてびっくりしました。こんなに小さいのかと思いました。」という感想を始め、ジャガイモとキャベツの植え付けについて、たくさんの気付きがありました。
6月に世界遺産に正式登録される見通しの「富岡製糸場」を訪れました。観光客の数の多さに圧倒されながら、建物のことや操糸機のことなど、ガイドさんの話を聞きながらしっかりと学習することができました。繭から何本かの糸を紡いでいく機械に大変興味をもち、糸を通す穴の部分に顔を近づけて観察している子どもの姿が印象的でした。

2014年5月29日(木)
あさがおの観察

5月9日、あさがおの種まきをしました。約1週間後、きれいな緑の芽が出始めました。小さな種から成長し、土の外に顔を出した芽に、子供たちは目を輝かせて「全部出てきたよ」「もっと大きくなってほしいな」と話していました。大きくなるよう成長を願って、子供たちは毎日の水やりを楽しみにしています。

2014年5月23日(金)
3年生社会科見学(区内めぐり)

 3年生は、大型バスを貸し切り、社会科見学で区内めぐりに行きました。バスの中から秋葉原電気街や神田の町の様子を見学しました。神田明神では、神田明神や神田祭の歴史について多くの話を伺い、日本中からたくさんの人が集まる理由を学習しました。その後、車窓からスポーツ店街や古書店街の様子を観察し、番町・麹町の様子や官公庁街・丸の内の様子を見学しました。
 午後は、科学技術館内を見学しました。見学前に、科学技術館のスタッフの方から館内の説明がありましたが、きちんとした態度で話を聞くことができました。説明後、スタッフの方から「しっかりした3年生ですね」と誉めていただきました。よい集団行動と、充実した学習ができた1日でした。

2014年4月23日(水)
6年生

1年生が入学して2週間が経過しました。中休みは一緒に遊び、清掃の時間は1年生の教室を掃除しています。6年前、自分たちが1年生だった頃に当時の6年生にやってもらったことを思い出す子もいます。引き継がれる和泉小の伝統です。
掃除をしてあげる最中、1年生は帰りの準備をしています。わからない事があると6年生に声をかけ、質問している様子が見られます。6年生も優しく教えてあげています。1年生が早く学校に慣れるように6年生48名全員が頑張っています。

2014年4月23日(水)
二年生

 二年生になり、音楽と図工の学習を専科の先生から教わるようになりました。
 音楽では、「500円玉が入る大きさの口で歌おう」という話を聞き、一生懸命口を開けてきれいな声で歌っていました。図工では、モナリザの絵をかきました。

2014年4月7日(月)
入学式

 和泉小学校に44名の1年生が入学しました。ピカピカのランドセルを背負って輝いた目で登校をしてきました。
 入学式では名前を呼ばれると、全員が「はい」と大きな声で返事をすることができました。とても可愛い和泉小学校の仲間に、こちらも笑顔が自然と出てくる入学式でした。


 Copyright (C) Izumi Elementary School.All Rights reserved.